顎関節症のセルフケアの方法

まず、口を開き、人差し指、中指、薬指を縦に並べた状態で口に入れられ、痛みがなければ大丈夫です。


 顎関節症の場合、上下の歯を接触させるTCHやあごに負担のかかる「ほおづえ」やうつ伏せで寝るなど の癖を直すことが大切です。 
 つらい方は側頭部や、あごの関節のところを指で圧迫しながら、ぐるぐる回すようにします。また痛みを感じない程度に自分の指で口を開けることも必要です。セルフケアーで解決しない場合はご連絡ください。

ブログ

前の記事

体のだるさ
ブログ

次の記事

腰痛の完治しない理由